1766:東建コーポレーション ~単元未満株の優待が魅力的~

<優待紹介>

今日は東建コーポレーションの株主優待について紹介してきます。ホームメイトのCMなどで有名ですかね。東建ホームメイトカップと題してゴルフツアーの方が個人的には印象が強いですが…

 

優待まったり検索にもデータ追加してあります。ようやく40銘柄登録しました。優待をどこまで追加するか、利回りをどうするかに悩んでおります。例えば100万円で500円のクオカード優待とかほぼ使えないですし、情報としては不要かなと思ったり…

 

優待は複数ありますが、多くの人が利用するのは、ハートマークショップの株主優待割引券3,000円ということになるでしょう。100株ではなく、昔の名残で10株の単元未満株で優待がもらえるのが魅力的です。いつまで続くか分かりませんが…

東建

 

<利回り>

11/8時点で株価は7460円、10株で優待をもらえることもあり、優待利回りは8%にもなります。さらに、配当金も130円あり、総合利回りは9.8%とかなり高くなります。だいぶ株価が上昇してこの利回りですからね。以前は20%以上というすごい利回りでした。私も投資金額以上の優待は頂いていることになります。

 

<クロス>

単元未満株なので、基本的にクロスは出来ませんね。私は現物保有をずっと続けておりますが、10株なので投資金額もそれほど多くありませんし、現物保有がおすすめです。

 

<使い勝手>

この株の最大の欠点は優待の使い勝手が悪いことかなあ。ハートマークショップの品揃えが正直悪く、値段も高めなんですよね。優待の有効期限が1年あるので、2回合わせて6,000円相当の優待が購入出来るのですが、欲しいものがあまり無い。。。

 

以前は野菜ジュースやまくらを買ったりもしてみましたが、今は3,000円相当の洗剤で落ち着いています。日々使うものですし、優待が続く限り、洗剤を買う必要が無いと考えると魅力かなあと。優待を使うと、送料が無料なのも魅力ですね。

 

もう一つの欠点はいつまで単元未満株による株主優待を続けてくれるかが分からないことです。他にも10株→100株に単元が変わった株はありますが、多くが100株からの優待に切り替えています。そうなると、必要投資金額は75万ほどとなり、利回りも1%に下がってもはや私の投資対象では無くなってしまうので…

 

いくつかリスクはありますが、現時点では魅力的な優待であることは間違いないですし、購入を考えてみるのもありかもしれません。


PAGE TOP