7918:ヴィア・ホールディングス ~居酒屋以外にも使い道がちらほら~

<優待紹介>

今日はヴィア・ホールディングスの株主優待について紹介してきます。優待まったり検索にも登録しております。様々なブランドのお店を運営している企業であり、店舗数が多いのは備長扇屋というやきとり居酒屋ですね。居酒屋以外も洋食、中華などいろいろなお店があります。

ヴィア・ホールディングス

 

多くのブランドは数店舗~数十店舗ということでなかなかお店を探すのが難しいかも…私が行ったことがあるのは、虎包という中華レストラン、シェーンズバーグというハンバーグ&ステーキのお店、うおや一丁という刺し身居酒屋あたりです。いずれも店舗数は10店舗ほどとかなり少なめ…

 

<利回り>

優待は500円×5枚の自社優待券、特に制限なく使えますし、株価も2016/11/20時点で899円で優待利回りは5.6%とかなり高いです。配当利回りは0.6%で総合利回りは6.1%となり、高い利回りの部類に入ると思います。株価も安定しています。

 

また、ヴィア・ホールディングスの優待の大きな魅力として、1000株までは100株増えるごとに優待が2,500円ずつ増えていくことです。1000株だと半期で25,000円、年間50,000円となり、あらゆる優待の中でもトップクラスの金額を誇る自社優待券となります。私は100株しか保有していませんが…

 

<クロス>

残念ながら、制度クロスは出来ないんですよね―。かといって、一般信用もカブコムでたまにあるかも?くらいでほとんど無いので、実質クロスは不可能と思ったほうが良いですね。権利落ちも決して少なくないだけに、株数が増やすと、どうしても権利落ちの大きさが気になりますよね。

 

優待の金額以上に寝下がることも珍しくないですし…こういう優待銘柄は個人的に長期保有だと思っています。1年間トータルで見ると、株価は大して上がらないけれども、下がることも少ない銘柄ですからね。保有しやすいかなあ。

 

<使い勝手>

優待の使い勝手はずばりお店が近くにあるかどうかが重要になってきますね。私の場合はあまり近くに無いんですよね―。なので、使い勝手は正直良くはない…とはいえ、有効期限は1年間ありますし、友人とランチをする時に使うことが多いかなあ。

 

居酒屋で使うにはちょっと100株だと優待金額が心もとないだけに、ランチだと2,500円で二人分というのはちょうどよいですね。または複数単元を保有したり、2回分ためてまとめて使うのもありですねえ。利回りは良いですし、安定して優待が使えるお店がある方は購入を検討してみる価値はあると思います。


PAGE TOP